×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  People»  手織り工房Jomon





カテゴリ










手織り工房Jomon
代表 別府ちなみ

神奈川県横浜市出身。
結婚後、高齢者施設に勤務したことをきっかけに、大学院にて心理・福祉を学ぶ。
医療機関や福祉施設・教育現場等で、心理職やソーシャルワーカーとして仕事に従事する。
その後、大きな病気を経験し、改めて自分自身を見つめ、人生と向き合っていた時に訪れた諏訪の地で機織りと出会う。

織りなす柄に、無限の可能性を秘めた「八つ縄文織り」に魅せられ、信州上諏訪で120年以上続く糸店を営む高木義一朗氏に師事。

「八つ縄文織り」は江戸時代後期、「諏訪小倉」として全盛を誇っていた技法。
そこに表計算ソフト・Excelの機能を使い、「倍率」という要素を加えることによって、柄の拡大・縮小を自由に行なえる技法へと進化している。
自由に柄の世界を楽しみしながら、「健やかな織りを…」という師匠からの言葉を胸に、日々取り組んでいる。

八ヶ岳西麓に根付いた、計り知れないエネルギーと健やかさは、柳宗悦氏が提唱した「民藝」の原点。

世界に類を見ない希少な技法、糸一本から生地になるまですべての工程を手作業で行い、
作品を織り上げた時の大きな喜びと充実感、達成感は、言葉に尽くしがたいものがある!

手織り工房Jomonは、先人の思いを守り、進化させ、繋ぎ、
「八つ縄文織り」の魅力を、SDGsの視点を含め、国内はもちろんのこと、世界に向けて広く発信して行きたい!
自分のなかにある感性をめいっぱい表現し、織りの世界で思う存分人生を味わっていきたいと思っている。


Yatsujomon weave was a technique that boasted its heyday as Suwa Kokura in the late Edo period, and evolved into a technique that can expand and contract freely by adding an element called "magnification" using spreadsheet software Excel.

The inventor was Giichiro Takagi, who has been running a thread shop in Shinshu Kamisuwa for more than 120 years.

Beppu Chinami, representative of Teorikobo Jomon, studied Yatsujomon weave under Mr. Takagi, because she was attracted to the possibility of modern digital integration into Suwa's traditional weaving that allowed her to freely travel through the woven world.

Teorikobo Jomon is spreading the charm of Yatsujomon weaving not only domestically but also globally, including from the perspective of SDGs.
We think the incalculable energy and health rooted at the west foot of Yatsugatake are the origin of the folk crafts advocated by Mr.
Muneyoshi Yanagi.

In order to protect, evolve, and connect the thoughts of our predecessors, we try new things, and she weaves them carefully by herself, from one thread to another, using rare techniques that are unique in the world.


 

商品一覧

並び順: