×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  PRODUCT»  Food»  島根県産 お米の横綱「仁多米」5kg

島根県産 お米の横綱「仁多米」5kg

お米の横綱「仁多米」一度食べるとやみつき!

一度食べるとやみつき!
選ばれてきた「仁多米」(にたまい)
仁多米の特徴はそのツヤとコシ。
島根で丁寧に栽培されたお米はきらきらと輝き、豊かな甘みがほおばった瞬間からお口に広がります。
一度食べると他のお米が食べられなくなるという声が多い「仁多米」。
「西の横綱 仁多米」とも呼ばれています。
その確かなおいしさで数多くの賞を受賞しています。

  • 島根県産 お米の横綱「仁多米」5kg

  • 販売価格

    3,280円(税込)

  • 在庫

    10

  • 必ずご確認ください

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • 食味ランキングで最高位 特Aに

     米・食味鑑定士協会が平成12年から開催している「米・食味分析鑑定コンクール」にて、平成21年に特別優秀賞を受賞。
    その後平成22年~24年の間、金賞を連続受賞。
    また、日本穀物検定協会が開催している食味ランキングでは、平成10年産米・15年産米が最高位「特A」に選ばれました。
     

    「仁多米」の産地とは?

    お米の横綱「仁多米」とは、島根県仁多郡奥出雲町で栽培されるコシヒカリの産地ブランドです。二度食べると「仁多米」のトリコ!
    それは土地に秘密あり。
    おいしいお米を知っている人に選ばれ続けてきた仁多米。
    その産地は、島根県仁多郡奥出雲町は中国山地の山奥です。
    標高300~500メートルにあり「西日本一」といわれる米どころです。
    山の斜面に広がった棚田は「日本の棚田百選」(大原新田)にも選ばれています。

    良質米の3大生産条件である、
    土:先祖代々守りついだ、肥沃な土壌
    水:斐伊川源泉の山の栄養をたっぷり含んだ、きれいな水
    気候:山の土地に見られる、昼と夜の寒暖差

    これらをすべてそろえた米づくりに理想的な土地です。
    それに加え、飯塚豊市商店では
    和牛の完熟堆肥の他、菜種カス・木炭の粉など、使用する肥料にこだわり、
    すべて自然由来のものを採用した農家さんと契約をしています。
     

    三度食べると納得!「仁多米」の歴史

    神話の国島根では、その土地の言い伝えが数々の神話として残り、古来より受け継がれてきました。
    仁多米の栽培地である仁多郡奥出雲町にも数多くの神話や土地の話が残っています。

    「国引き神話」で有名な『出雲国風土記』には、仁多の地名の由来が残っています。
    『此國者、非大非小。川上者、木穂刺加布、川下者、河志婆布這度之。是者、爾多志小國在、詔。故云仁多。』

    現代語に訳すると、
    「この国は大きくもなく小さくもない。川上は木の穂を差し交わし、川下は河志婆布(かわしばふ)が這いわたっている。これは豊かな土地で小さな国である。」とおっしゃられた。だから、仁多という。」

    爾多志(にたしき)とは、うるおいがあり豊か、という意味です。
    仁多が豊かな土地だと古来より有名であったことがわかります。

    『日本神話』では、ヤマタノオロチの退治伝説が有名です。
    現在では、ヤマタノオロチはたびたびあった斐伊川(いびがわ)の洪水、そして治水を指しているのでは、との説もあります。
    斐伊川の上流にある地域ならではの伝説です。
    また、ヤマタノオロチの腹から出てくる宝剣クサナギノツルギは、たたら製鉄の恩恵を意味しているという説もあり、奥出雲の地を表す伝説といえるでしょう。
     

    仁多米農家が行うひと手間が美味しいコメを作り出す

    1つ1つの田んぼが山にある棚田であるため、平地にある大きな田んぼのように機械ですべての作業が行えるわけではありません。
    日々天気とにらめっこして行う田んぼの水量の調節や、あぜ道や田んぼの中の除草、刈った稲の天日干し。
    すべて手抜きが許されない、先祖から続く大切な作業です。
    肥料に堆肥を使うなどのひと手間ひと手間が、おいしい仁多米をつくっています。

    良い土壌、清らかな水、歴史をつむいできた土地ではぐくまれた「仁多米」。
    ぜひ一度ご賞味ください。

  •  

    【神話の国の、恵まれた土地で生まれたお米です】 

    飯塚豊市商店では、使用する肥料にこだわり、すべて自然由来のものを採用した農家との契約。
    昼夜の気温差が大きく米作りに適する。
    豊富な森林からのミネラル分が水田を潤す。

    仁多米の故郷は島根県仁多郡奥出雲町。中国山地の山奥で、「西日本一」といわれる米どころです。
    創業明治22年、お米一筋130余年の飯塚豊市商店は、現社長で五代目のお米屋さん。
    直接生産者(農家)とお客様の「ご縁」を取り持つ商いをしています。

    飯塚豊市商店のお米のエキスパートたち
     
     

    炊き上がったお米は、お米本来の美味しい香りと粘りがあり、舌触りが良くて噛むほどにうまみが出ます。
    また、さめてもおいしさが変わらないとも言われています。
    【炊き方】
    最初はたっぷりの水で手早く洗います。その後2~3回洗い流す程度に洗います(米をあまり研ぎません)。
    夏場は30分、春秋は1時間、冬場は2時間ほど水に浸し、炊く前に一度水を入れ替えてから炊くと美味しく炊けます。
     
    【商品名】島根県産 仁多米 5kg
    【名称】精白米
    【原料玄米/産地】単一原料米/島根県奥出雲町

    【原料玄米品種】コシヒカリ
    【内容量】5kg

関連商品